狙い目の航空券とシーズン

女性

安くなった航空運賃

沖縄に旅行に行くとなれば利用する交通機関は飛行機が主な手段ですが、心配なのが航空運賃です。少し前では沖縄旅行は海外旅行に行くより高いと言われていましたが、その原因は航空運賃の高さにありました。これは沖縄へ乗り入れている国内航空会社の数が少なく、競争原理が働かないため、航空運賃が各社横並びであったからだと言われています。しかし、ここ数年は格安航空会社(LCC)の登場もあって沖縄の航空運賃も驚くほど安く購入する事が出来るようになりました。格安航空会社は就航当時は本数も少なく発着時間も早朝や深夜近くなどが多く使い勝手が悪かったのですが、最近では使い易い昼行便も増えて来て利便性が高まってきています。

LCCと大手の違い

沖縄旅行の旅費を抑えたい利用者にはうれしい格安航空会社ですが、既存の大手航空会社と比べてどこが違うのでしょうか。一番の違いはシートが狭いという事です。シートサイズが小さく、シートとシートのピッチも狭いため、大柄な体格の方だと窮屈に感じるかもしれません。また、機内サービスはほとんどないと言ってよく、大手航空会社なら無料だったサービスが、例えばキャンセル料や予約変更、受託荷物などが格安航空会社では有料になる場合もあったりします。沖縄へは国内各地から約3時間のフライトです。少し不便でも航空運賃を抑えたい方にはLCCは最適な交通機関と言えるのではないでしょうか。

ローシーズンが狙い目

格安航空会社でも航空運賃が高値の時があります。それは利用者が多いハイシーズンと呼ばれる時期です。年末年始、5月のゴールデンウイーク、夏休みがそれに当たります。反対に利用者が少ない時期、正月明けから2月いっぱい、梅雨のシーズンの5月中旬から夏休み前などは格安航空会社だけでなく、大手航空会社でもお手頃感のある航空券の購入が可能です。ですから格安で沖縄旅行をしたいのならこのようなローシーズンが狙い目です。特にオススメなのが沖縄の梅雨が明ける6月下旬から夏休み前までの期間。「梅雨明け十日」と呼ばれるこの時期は台風も少なく天候も安定しており、太陽光で光り輝く沖縄の海が最も美しい時です。